2019年定禅寺ストリートジャズフェスティバル前夜祭の開催が決定しました!
入場整理券の応募要項については決定次第ご案内いたしますのでもう少々お待ちください。

定禅寺ストリートジャズフェスティバル2019 前夜祭
~精緻でひたむきな音楽世界へ~
ニコラ・パラン・トリオ 前夜祭コンサート

日時 2019年9月6日(金)18:30~20:00
会場 せんだいメディアテーク1Fオープンスクエア
出演 NICOLAS PARENT TRIO(ニコラ・パラン・トリオ)   
   Nicolas Parent (ニコラ・パラン)ギター
   Guillaume Arbonville(ギヨーム・アーボンヴィル)パーカッション
   Suzuki Kentaro(スズキケンタロー)コントラバス
主催  公益社団法人 定禅寺ストリートジャズフェスティバル協会
共催  仙台日仏協会・アリアンス・フランセーズ
               公益財団法人 仙台市市民文化事業団
後援  アンスティチュ・フランセ日本・フランス大使館

2019

アーティスト紹介
ニコラの独創的な作品を通じ、3人のアーティストは聴く者を彼ら独自の世界へと誘う ― 精緻でひたむきなその音楽世界へ。
あまたの演奏経験、長い道のりを経てきた彼らならではのしなやかな演奏。ジャズから即興へ自在に行き来し、時にはフォークやアフロ、ブルースが織り交ざる。
類まれなるギタリスト、ニコラ・パランと、Guillaume Arbonville(ギヨーム・アーボンヴィル、パーカッション)、Suzuki Kentaro(スズキケンタロー、コントラバス)との出会いは、まるで錬金術のように奇跡のグループを生み出した。
2010年:サン=ジェルマン=デ=プレ・ジャズフェスティバルにおいて「若き才能のステップアップ」部門に選出。決勝に出場し、作詞のオリジナリティに対する審査員特別評価を受ける。
2013年:ファーストアルバム『Moments』をリリース。好評を博す。
2016年:セカンドアルバム『Tori』が多くのプロ、メディア、リスナーから絶賛される。その成功は日本までのツアーを実現させた。
2019年:3月29日、ヴィンセント・セガルを迎えた新作『Mirage』を発表。
唯一無二、独自のジャズへと、トリオは私たちを運び続ける。それは真の旅への誘いだ。

LINEで送る
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加